スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
-------- -- --:-- ∧top | under∨

雨過天晴

東洋陶磁美術館に行って来ました。

台北の故宮博物院から、青磁の水仙盆が来ています。
写真は海外初公開の水仙盆。

works_1_img.jpg

全てが完璧な作品と言われているらしく・・・
「人類史上最高のやきもの」と題されておりました。

今から800年ほど前の中国、北宋の時代のものだそうで
二度と同じものは作れない・・と言われています。

そんな大昔のものが、割れずに、ひびもかけも入らず
完璧なかたちで残っていることもびっくりです。
どれほど大切に継がれてきたのか・・

青磁をこんなにじっくり見たのは初めてだったのですが
ふちがうっすらピンク色に見えます。
それから光の加減によって、器全体の色が変わり
一日の中でいろんな色に変化するそうです。
説明を聞いていると、
焼かれた土の中にメノウが混じっているとのこと・・
クリスタルが入っているのですね~・・・
だからか・・独特の美しさがありました。

「雨過天晴」
雨上がりのあとの空の色を表現した器を作ること
その時代の皇帝が命令したことで
青磁器が作られました。

もう二度と見れないかもしれない
・・と宣伝されていましたが
本当に、そうかもしれません。

また次の世代へと大切に継がれていくことを
思いました。

yjimage.jpg









スポンサーサイト

別窓 | 美術館など
2017-01-21 Sat 16:20 ∧top | under∨
| アロマセラピー&クリスタル Fino   |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。